プロが不快に感じる美人の原因物質...引越しとは
*
ホーム > マッサージ > 間違って入ったマッサージ店で爽快な気分を味わった

間違って入ったマッサージ店で爽快な気分を味わった

大学を卒業したころか、ずいぶんと昔の話です。大阪のミナミで飲んだ帰り、トルコ風呂(現在はソープランド)に入るつもりで、間違って繁華街のマッサージ治療院に入ってしまいました。入ったとたん、しまったと思ったのですが、そこは若い勢いで、マッサージを受けることにしました。担当は私よりすこし年上らしい女性です。まあ、顔もそれほど悪くないので、間違ってはいっても、これでがまんしようと思ったのです。実に不純な男でした。ところがうつぶせになり、背骨に体重を掛けられ、マッサージをされると、背骨がぽきっぽきっと音がします。それがなんとも気持ちがよいのです。その上、昼間の仕事ですこし鼻つまり気味だったのが、すーと通りがよくなったのです。その上、足から、腕、上半身までくまなくマッサージをされると、いつの間にか、うとうとといい気分になりました。うかっとすると眠ってしまいそうな感じです。マッサージの治療時間はどれくらいか、今では覚えていませんが、マッサージなど受けるのは初めての経験なのに、終わるころには気分も体も爽快になっていました。 その店を出るとき、院長にいわれたのですが「お客さん、間違って入ってきたのでしょう」と。横で担当してくれた女性も笑っていました。私のような、そそっかしい客がちょいちょい来るらしいです。しかし、そのときの気分が忘れられないので、いつか近くのマッサージ店に行ってみようとおもっていますが、仕事が忙しく、あれ以来、マッサージ店に行ったことはありません。

東京都内23区で出張マッサージを頼むならここだ